~100円

「募金」は自分のために役立てる~素晴らしき100円の使い方

こんにちは。
ブロガーのてりん(@terinn2019)と申します。

 

このブログでは
「人生をより豊かにする、効果的なお金の使い方」
を追求しております。

 

自分のために役立てる!100円から気軽にできるネット募金

今回は
「実は自分のためにも役立つ!毎月100円からできる募金」というテーマのお話です。

 

他人に奉仕する「人助け」というイメージの強い募金ですが、なぜ自分にもメリットがあるのでしょうか?

人助けといえば思い出すのが
「情けは人のためならず」ということわざ。

「情けは人のためならず」という言葉の意味は?

最近は広く知られるようになりましたが
「情けは人のためならず」という言葉は

「人を助けると、甘やかすことになるので結果的にその人のためにならない」

という意味ではありません(そうやって誤解する人が多かったみたい)

 

正確には

「人を助けるのは、人(他人)のためだけではなく、自分のためにするのである(人を助けると、巡り巡って自分に良いことが訪れるよ)」

という意味なのです。

 

「巡り巡って」
ということは
「いつか、そのうちに」
ということですが。

スピードが求められる現代社会では、そのうちに・・・なんて悠長なことは言ってられません。

ということで、すぐに自分のために役立てましょう。

これが、今回のテーマです。

100円からできる!募金で自分をアピールしよう

先日、ヤフーでネット募金できることを知って、いろいろと募金先を覗いていました。
100円から募金ができるというお手軽さ!!

ということで
さっそく北海道札幌市にある保護型猫カフェの運営支援の継続募金をして、ツイッターで報告してみました。
(継続募金を選ぶことで、毎月自動的に募金ができるようになります)

 

 

この募金を通じて
僕は「猫が好き」「北海道を応援したい」という気持ちを「身銭を切って」みんなに伝えることができました。

 

月々たった100円とはいえ、お金を出すと言うことは、単に「猫が好き」と言うのに比べて、計り知れないリアリティがあると思いませんか?

 

つまり
「募金という行為を通じて、自分の好きなものや関心があるものを表現する」
というわけですね。

 

それによって、好感を持ってくれるようになったり
共感してくれる人が現れて、心強い仲間になってくれるかもしれません。

 

100円といっても、継続しての募金なら、それなりの力になれる・・・かな?

 

ちなみに100円にしたのは
「そんな少ない金額でできるんだ!」とより多くの人に知ってもらいたいからで
別にその、出そうと思えばもっと出せるんだけども・・・ゴニョゴニョ。

 

 

募金というと
「100%奉仕の精神でやらなければいけない」
と思い込んで、抵抗感を持っている人が結構多いんじゃないでしょうか?

そんなルールはありません。
「自分の好きなもの、あるいは関心があるものを表現するツール」として使ったって、いいんです。
それによって少しでも誰かの役に立てばそれでいいんだし。

 

「地震の被災者基金に募金しました。実は私も地震で被災したことがあって・・・」
など、なかなか普段言いにくい、自分の身の上を自然に打ち明けられるきっかけにもなるかもしれませんね。

 

募金をアピールすることは「偽善」なのか?

「募金をしてそれをアピールするなんて、偽善なのでは?」
と思う方が、もしかしたらいるかもしれません。

 

僕は、偽善という言葉があんまり好きではありません。

偽善とは
「善良であると偽ること」
という意味ですが、必ずしもみんな「嘘をついて」良い振る舞いをしている訳ではないはずです(明らかに自分の利益のためだけに偽る人もいるでしょうが)

 

たとえば、今回僕が猫カフェに募金したのは
「この記事を書くためなんだろ」
「いい人だと思われたいんだろ」
と言われてしまえば、それは否定できません。

でも「不幸な猫を減らしたい」
という気持ちに嘘があるわけではないのです。

そして、毎月100円で少しでもその役に立てるのなら、それはいいことなんじゃない?と思っているのは事実です。

 

だから、心を偽っているわけではない。(下心は少なからずあるけどね)
偽善ではないとするならば、この行為をよりうまく表現する言葉はないものだろうか?

 

ここで思い出したのは
評論家の岡田斗司夫氏が名付けた
「いい人戦略」という言葉です。

 

これは、簡単に言うと

「これからは、お金ではなくその人の信頼度(評価)で人生が決まる社会になる。ならば、自分の信頼度を上げるために、戦略的に『いい人』でいようじゃないか!」

という意味です。

「偽善」と「いい人戦略」の違い

(このへんは、僕の主観的な考えも入ってると思いますのでご了承ください)

偽善・・・嘘をついて、ありもしない自分の中の「いい人」の部分を作り出す行為

いい人戦略・・・もともと自分の中にある「いい人」の部分を、ちゃんと世間にアピールする行為(多少「いやらしい」と思われても良い)

つまり
「偽善に見られそうだけど、自分の気持ちにウソはついてないよ!」
と自信を持っていえるのならば、それは戦略なのだと割り切って、堂々とアピールしちゃいましょう!

 

誰にも知られることなく募金(などの奉仕行為)をするのも一種の美徳ですが、せっかくなら情報提供もかねてみんなに発信しちゃいましょう!
それで誰かから何か言われるとしたら、それは「相手を批判するのが趣味な人に絡まれただけ」か「根本的にあなたのことが嫌いな人なので、何をしたって批判される」だけなので気にしない♪

 

みなさんも、素晴らしい100円の使い方をしてみませんか??