~100円

月々100円で守れる家族の未来「個人賠償責任保険」

こんにちは。
ブロガーのてりん(@terinn2019)と申します。

このブログでは
「素晴らしいお金の使い方」を追及しています。

 

100円。

それは、大人にとっては
「はした金」としか言えないような、小さなお金。

 

しかし、素晴らしいお金の使い方を調べてみると
「100円」の持つ、意外なパワーを知ることがあります。

 

そのなかでも、今回は特にパワフルで頼もしい「100円の使い方」について書いてみたいと思います。

その名も「個人賠償責任保険」。(以下「個人賠償」と書きます)
最近有名になってきたこの保険ですが、この保険があるかないかで、あなたや家族の人生が大きく変わってしまうかも・・・?

 

この記事では、個人賠償の一般的なことがらを解説しています。
詳細は各保険会社・代理店に確認してくださいね♪

 

100円があなたの家族を守る!「個人賠償責任保険」

月々100円で、1億円の安心が買える?!

「個人賠償責任保険」
なんだか堅苦しい名前ですが

「日常生活で他人をケガさせてしまったり、他人のものを壊してしまった場合、その治療費・弁償代などを払ってくれる保険」のことです。

 

ところで
具体的に、どんな時に保険金が出るんでしょう?

 

その代表例が
「自転車事故」。

加入者本人や、一緒に住んでいる家族が自転車事故を起こして人をケガさせてしまった場合などに、相手に保険金が支払われます。

 

家族ということは、自分の子供にも保険が使えるわけですね!

 

一部の自治体で加入が義務化されている、いわゆる「自転車保険」とは、この個人賠償のことです!

 

他にも

・子供の友達の家に遊びに行った時に、友達のおもちゃを壊してしまった

・買い物中、お店に展示してあった商品を誤って壊してしまった

なども保険の対象になる場合があります!

 

最高で1億円まで支払われるものが主流で、最近では金額無制限で支払う保険会社もあります!
死亡事故など大きな賠償金となるケースでも、カバーできる可能性が高いんですね!

個人賠償は、オプションで入るのが主流!

「個人賠償責任保険」という名前の保険にわざわざ加入するケースは、ほとんどありません。

「自動車保険や火災保険の特約(オプション・オマケ)でつける」

ことがほとんどです。

自分のケガの補償もセットになった「自転車保険」や、学校などで入る共済にセットになっていることもありますね。

 

オプション名は「日常生活責任賠償特約」など「個人賠償〜」とは少し名前が違いますが、基本同じ補償内容です!

 

年間で、だいたいプラス1200円前後で加入することができます。

つまり
1ヶ月あたり、たったの100円!!

 

自動車保険は車やバイクを持ってる家庭しか入っていませんが

火災保険は、持ち家・賃貸を問わず必ず入っているはずなので、誰でもオプションで加入できるのです!

 

もし火災保険に入っていないというなら、それこそ大変な話です!
すぐに加入しましょう!!

賃貸の場合は
入居時に強制的に加入されてることがほとんどですが、1・2年住んでると保険が切れているおそれもあります!

 

現在契約中の保険に、途中からオプションを追加することも可能です!
また、保険金額のアップも可能!(2000万円→1億円に変更など。ほとんど掛け金は変わらないことが多い)

 

示談交渉サービスは必須です!!古い保険は要注意!

「相手に賠償金を払うといったって、一体いくら払えばいいの?」

 

大丈夫。
そういう事は、ちゃんと保険会社が相手の方(被害者)と話をしてくれます。

ただし、それは「示談交渉サービスがついている場合」の話し。

 

最近の個人賠償ではほとんど見かけませんが
示談交渉サービスがついていないものがあります。

怖いのは「かなり前に加入したままの個人賠償」で、示談交渉サービスがついていないがために「保険会社はお金を払うだけなので、当事者同士で金額の話をしてくださいね」となってしまう場合があるということ。

 

仮に、相手の言うがままの金額を払うという話になったとしても、保険会社はその金額の支払いに応じない可能性があります。

そりゃそうですね。被害者から
「骨折したから慰謝料1億円払え!」
なんていわれて、それに合意したから保険会社に「1億円払ってください」なんて言ったところで、骨折程度でそんな金額の支払いをオーケーしてくれるはずがないですもんね。

 

このように
示談交渉がないとかなり大変なことになってしまうので、必ずこのサービスがついていることを確認しておきましょうね。

 

なんで、月々100円くらいで入れるの?

最高1億円まで支払うものが多いとはいえ、実際に1億円も支払うケースはまれです。

数百万単位の賠償も、めったにないでしょう。

だから、多くの人からお金を集めれば、月々100円でも運営できるわけですね。

 

7億円当たる可能性のある宝くじが、1枚たったの300円で買える!
と、同じような話です。
当たることはほとんどないけど・・・泣

 

宝くじは

「当たらなくてもコツコツ働けば幸せに暮らせる」

から買わなくてもいいですが

大きな自転車事故などは

「当たった(?)場合、多額の賠償金を支払うことになり生活が破たんしてしまう」

ので、やっぱり保険には入っておくべきですね。

 

保険は生活の縁の下の力持ち

大きな自転車事故が報道されたこともあり、多くの人に知られるようになった個人賠償。

大きな事故やトラブルが起こった時にしかありがたみを実感できないので、普段は地味で仕方がないものですが

月々100円で生活が守られていると考えると、なんだか頼もしいと思いませんか?

 

まさに
「日常生活の縁の下の力持ち」
といえるでしょう。

知らなかった人も、すでに知らぬ間に生活を守ってくれているかもしれません。

一度チェックしてみましょうね!

保険はギャンブルと同じって本当?元営業マンが語る保険の本質保険はしばしばギャンブルに例えられます。 たしかに、根っこの部分では同じものだと言えますが、保険は 決してお金を儲けるために入るのではありません! この記事では、ギャンブルとの共通点と違い、保険に入るときの賢い考え方などを解説していきます。...