お金に関するコラム

トラブル回避!ネットオークション初心者は不用品のジャンク出品をしよう!

「ネットオークションで家の不用品を売ってみたいけど、返品やクレームが怖くて一歩を踏み出せない・・・」

そんなお悩みを持っていませんか?

 

ネットオークションは自分で物を売ることができるのが魅力ですが

クレームや返品対応などを考えると、なんだかハードルが高いですよね。

 

ところで、初心者がネットオークションで物を売るとき
「まずは、家にある不用品を売ることからチャレンジ!」
と言われます。

家にある不用品とは、おそらく古い商品のはず。

だったら、最初は取引や配送の練習のためと割り切って
「ジャンク品として出品」
にチャレンジしてみませんか?

初心者でもカンタンにできる!「ジャンク出品」

ジャンクってどういう意味?

ジャンクとは、どういう意味なのでしょう?
2つの意味があります。

 

・壊れているもの

・動作や状態などが未確認のもの

 

もともと「がらくた」「廃品」という意味なので、本来は壊れている電化製品などを指します。

「電源がつかないテレビ」
「電源はつくけど、一部のキーが打てないパソコン」

などがこれにあてはまります。

 

一方「動作を確認していない」「壊れているかどうかわからない」ものも、ジャンクと呼びます。

「そもそも何に使うのか分からないので、何もチェックしていない機械」
「今は普通に動くけど、古いので急に動かなくなるかもしれない掃除機」

などです。

ジャンクは魔法の言葉だ!

ポイントは「動作未確認の場合でもジャンクと呼ぶ」ということ。

「細かい動作チェックをするのが面倒くさい、知識が無いのでできない」
「今は動くけど、後から壊れてクレームや返品を受けるのがイヤ」

という場合も、ジャンク品として売ることができます。

 

「ジャンク=壊れていて当たり前」なんだから、後から不具合があっても文句言わないでね!当然、返品も受け付けませんよ!

ということですね。

 

当たり前ですが
ジャンク品として出品する以上、正常に動作するものに比べて落札価格は低くなるので要注意!

それでも、リサイクルショップに売るよりは利益がある、かも?

 

 

電化製品だけじゃありません。
ほかの商品にも使えます。

 

以前、家にあった古いレコードを30枚ほどセットにして出品しました。

キズがたくさんついていたし
ポスターや歌詞カードが揃っているかチェックするのが面倒だったので、まとめてジャンク品として出品しました。

 

ただ、何も分からないというのはさすがに説明不足なので

ちゃんと全てディスクがジャケットに入っていることのみ確認しております。
それ以外のこと(キズや付属品の有無など)はわからないのでジャンク品としてお考えください」

と、最低限のことだけ書いておきました。

全然違うタイトルのディスクが入ってたら、さすがにクレームになりますからね( ;∀;)

 

このおかげで、30枚ものレコードを一気にスムーズに売ることができました。

多分、何か不具合があったんじゃないかと思うけど
そこは、ジャンク品なんだから許してね・・・。

気をつけよう!ジャンク出品の失敗談

「動くけどジャンク」などあいまいな表現は要注意!

ここで、僕の失敗談をひとつ。

 

スマホを買い換えたので
いらなくなった古いiPhoneを、ヤフオクで売りました。

 

「ジャンク品扱い、返品不可」

と商品タイトルに入れたので
落札後iPhoneが相手の家に届けば、その時点で取引終了!

・・・だと、思ってました。

 

商品到着後
相手から来た連絡は

 

「動作すると書いてましたが、画面の右あたりが反応せず操作できません。
商品説明と異なるので返品お願いします」

 

???
ジャンク品だって、書いたのに・・・。

自分が書いた商品説明文を読み直すと・・・。

 

『落下し、電源ボタンがつぶれてます。傷も多いです。
タッチパネル操作は異常ないですが、細かい動作確認はできていないのでジャンク品扱いでお願いします』

 

ジャンク扱いとはいえ
少しでも高い値がついてほしいので、絶対に大丈夫だろうと確信していたタッチパネル操作はできることを商品説明に記入していたのです(´;ω;`)

それが「操作できないじゃないか!」と。

 

ううう・・・。

返品不可と断っていても、結果的にウソを書いてたことになれば拒否はできない・・・。

 

泣く泣く、返品を受け付けたのでした。

 

返品すると、商品代と送料を相手に返すことになります。

発送後はヤフオク経由での返金ができないので、直接口座番号を聞き、手数料負担でお金を振り込むという面倒くささ。

先にもらっている商品代はヤフオク経由で入金されるのですが
ヤフオクの落札手数料が差し引かれるので、その分損してしまったのです・・・!

 

ちなみに
返品の商品が戻ってきてから、タッチパネル操作をチェックしてみましたが。

「う~ん、たしかに反応鈍いけど使えないことはないなあ。
でも、異常なし!なのか?と言われると微妙・・・」

という、非常に悲しい結果でした( ;∀;)

 

結論。

ジャンク品は、余計なことを書かないことが無難。
でも、明らかに分かっている「悪い点」は正直に書きましょう。(写真もシッカリ撮ろう)

それ以外は「電源が入ることしかわかりません」など、ほとんど何も分からないとしておいたほうがツッこまれずに済みます。

 

電源がつくことのみ確認しており、その他詳細な動作確認は行っておりませんのでジャンク品として出品いたします。
そのため、クレームや返品は一切受け付けませんのであらかじめご了承ください。

↑この文章を商品説明の中に入れておくとよいですね。

そのほか、こんな事があるとジャンク品でも返品対応するハメになります

・タイトルに記載の商品の型番と、実際の商品の型番が違う
(書き間違えることがある)

・パッと見てすぐに分かる破損(パーツ欠け・ひび割れなど)を商品説明にも書かず、写真にも写していない
(わざと隠していたと疑われる。とにかく表面はあらゆる角度から撮っておこう)

 

まとめ

 

まとめ

・ジャンクには「動作未確認」という意味がある

・クレームや返品を避けたければ、最低限の情報を書いた上で「ジャンク品」として出品してみよう!

・ジャンクと書けば絶対大丈夫、というわけではない!
商品情報は最低限のことだけを書いてツッコまれないようにしよう!

 

トラブルの心配は、し始めればキリがありません。

でも
一度でもチャレンジしてみれば「あれ、意外とカンタン?」と感じるかもしれません。

不用品を売ることからビジネスを始める人もいます。

安全性が高いジャンク出品で、一歩を踏み出してみませんか?

 

関連記事:ジュースをこぼして使えなくなったパソコンは売れるのか?
知らずにそのまま粗大ごみとして捨ててしまったら、何万円も損をする!という話。

なぜ勉強しなきゃいけないの?「お金は『知らない人』から『知っている人』へ流れる」「どうして勉強しなくちゃいけないの?」 無邪気な子供からの質問の中でも、特に手ごわいものの一つではないでしょうか? 今回は、お金という観点でこの答えに迫ってみたいと思います。 答えはズバリ「お金は、知識・経験がない人から、ある人へと流れてゆく」。...